菅田将暉、“手作り感”満載セットでワイヤアクション 新CMで

maidigitv
スポンサーリンク
菅田将暉、“手作り感”満載セットでワイヤアクション 新CMで

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 俳優の菅田将暉さんが出演する 炭酸飲料「ファンタ」の新CMが9月7日、公開された。菅田さんがワイヤアクションに挑戦し、ヒーローのようにポーズを決める姿が収められている。12日から放送。

 新CMは「ファンタ 情熱のオレンジ 『ハロウィン』篇」と題され15秒。若者が「日本のマサキが超おいしいファンタを作ったよ!」と話しながら、動画を再生すると、そこにはファンタを手に「フルーティーでほろ苦うまいぜ!」と叫び、ポーズを決める菅田さんの姿が映し出される……が、カメラが引くと、手作り感満載のワイヤセットで宙づりにされている菅田さんの姿が明らかになる……という内容。

 撮影で菅田さんは、ファンタのボトルを片手に持ったままの不安定な姿勢でのアクションに、最初は苦労した様子だったが、数分後にはバランスを保ち、安定した体勢でセリフを言えるようになっていたという。また監督からOKが出た後も、菅田さんは自ら手足を動かして“体幹”を確認し、「あと1センチ動かしたい」「もうちょっとこっち」などと手足の位置を変更した別テイクの撮影を要請。ストイックな姿勢に監督も感心していた。

 菅田さんは「ワイヤアクションシーンの撮影は年中あるのですが、何回やっても慣れないですね。空中での動きは、吊(つ)られる人とそれを支える人とカメラワークの一体感が大事で、僕一人でできるものではないので難しいです」と話しつつ「でも、今回は“情熱のアクションヒーロー”ということで楽しかったです」と撮影を振り返った。

コメント