世界コスプレサミット2018、メキシコ代表「ストリートファイター」

maidigitv
スポンサーリンク
コスプレ世界一はメキシコ代表!「ストリートファイター」圧巻パフォーマンス <世界コスプレサミット2018>

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 名古屋市と近郊で開催中のコスプレの祭典「世界コスプレサミット(WCS)2018」で8月5日、コスプレの世界一を決める「世界コスプレチャンピオンシップ」が行われ、「ストリートファイター」のコスプレでパフォーマンスをしたメキシコ代表が優勝した。メキシコの優勝は3年ぶり2度目。

 男性2人組で「ストリートファイター」のゲーム画面を映像で再現。ダルシムとチュン・リーにふんした2人が、身体能力を生かしてバク転や側転を交えて、ゲームさながらのファイトを展開。ダルシムの腕が伸びる様子も再現したほか、チュン・リーが開脚して“宙に浮き”ながらキックを繰り出すと、この日一番の歓声と拍手が上がった。

 WCSは、2003年にスタートしたコスプレの祭典。チャンピオンシップは、日本のアニメ、マンガ、ゲーム、特撮のキャラクターに扮(ふん)した世界各国の代表コスプレーヤーが2人1組のチームで出場し、コスプレの完成度やパフォーマンスなどを競うコンテストで、05年から行われている。日本は09年と12年に世界一に輝いている。

 今年は、ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館、名古屋市中区)で開催。過去最多となる38の国と地域の代表が参加し、アラブ首長国連邦、プエルトリコを除く、36カ国・地域の代表コスプレーヤーが出場。南アフリカ、コスタリカ、ブルガリアが初出場した。声優の古谷徹さんが審査委員長を務め、審査員を歌手の水木一郎さん、マンガ家の種村有菜さんらが務めた。

コメント