【極限心理スリラー】映画『イット・カムズ・アット・ナイト』本編映像

fieldcasterjapan
スポンサーリンク
スポンサーリンク
【極限心理スリラー】映画『イット・カムズ・アット・ナイト』本編映像

↓ぜひ、フィールドキャスターのチャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/user/fieldcasterjapan?sub_confirmation=1

『イット・フォローズ』の製作陣が仕掛ける、極限心理スリラー『イット・カムズ・アット・ナイトの本編映像が公開された。

この作品は『イット・フォローズ』の製作陣と2012年の設立以降『ムーンライト』、『エクス・マキナ』、『ア・ゴースト・ストーリー』など刺激的な話題作を放ち続ける気鋭スタジオA24が製作。
監督は全米のインディペンデント映画賞を多数受賞した経歴を持ち、鬼才ジョン・ウォーターズ監督にその手腕を絶賛された88年生まれの新鋭トレイ・エドワード・シュルツ。
よくあるホラー・スリラー映画とは少し違う角度から襲ってくる恐怖に目が離せなくなること間違いなしの極限心理スリラーがいよいよ日本に上陸する。

一家の父ポールを演じるのは、『華麗なるギャツビー』『ブラック・スキャンダル』『レッド・スパロー』などで活躍し、『ザ・ギフト』では主演と長編初監督を務めたジョエル・エドガートン。監督の才能に惚れ込み、製作総指揮としても本作に参加した。その妻サラを演じたのは『エイリアン:コヴェナント』や『ブルーに生まれついて』のカルメン・イジョゴ。

もう一つの家族の父ウィルを演じるのはHBOのテレビシリーズ「Girls/ガールズ」シリーズで人気を博したイケメン俳優クリストファー・アボット。その妻キムを演じるのは現在公開中の『アンダー・ザ・シルバー・レイク』でヒロインを演じたライリー・キーオ、そして『バース・オブ・ネイション』にも出演し、今後の活躍が期待される若手俳優ケルビン・ハリソン・ジュニアがポールの息子トラヴィス役に抜擢され、魅力的な俳優陣が顔を揃えた。

この度解禁された本編映像は、ジョエル・エドガートン演じるポールが突然助けを求めてやってきたウィルと彼の妻キム、そして2人の幼い息子アンドリューの3人に共同生活していくためのルールを説明する場面からはじまる。それは“入口の赤いドアには常に鍵をか
けること”、“日中は2人一組で行動すること”、“銃は拳銃庫に入れ寝室に保管すること”、
“食事は1日2回一緒にとること”…。一通り説明した後にまだ説明不足なところがないか不安になるポール。彼が抱える焦りや不安は2組の家族が規則正しく快適に生活するためのルールというより、目に見えない“それ”への強い警戒意識とウィル一家への疑念からきているようだ。

それでも最後にポールは「明日から働こう、歓迎するよ。完璧だ、ありがとう。」とウィル一家を激励し、家に来てくれたことへの感謝を伝える。初めて2組の家族全員でテーブルを囲み、仲間が増えたことへの安心感とお互いの家族に対する好奇心が芽生えたと同時に、人が増えたことで複雑になった人間関係が彼らを恐怖の闇へと陥れていく―。そんな予感に不安が煽られる映像となっている。

↓芸能動画ニュースは「フィールドキャスター」
http://fieldcaster.net/

コメント

エンタメ動画まとめアンテナ