横浜流星&杉野遥亮との三角関係… 上白石萌音が揺れ動く心情をナレーション 映画『L♡DK』キャラクターPV(玲苑編・葵編・柊聖編)

oricon
スポンサーリンク
スポンサーリンク
横浜流星&杉野遥亮との三角関係… 上白石萌音が揺れ動く心情をナレーション 映画『L♡DK』キャラクターPV(玲苑編・葵編・柊聖編)

コミックス累計発行部数1000万部を突破する人気少女コミック「L♡DK」。2014年に実写映画化され、劇中に登場する「壁ドン」がその年のユーキャン新語・流行語大賞トップ10に選ばれるほど社会的な現象を巻き起こした。

 同作がキャストを一新し、『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』として、2019年3月21日全国公開。このたび、主題歌が、andropの内澤崇仁作、主演の上白石萌音歌唱による『ハッピーエンド』になった事が発表。女優のみならず、アーティストとしても活動する 上白石が、デモ音源を聴きこの曲を「歌いたい」と熱望し実現。 内澤が映画を見て書き下ろした「ハッピーエンド」は、恋する女の子の気持ちが表現された歌詞。

 

 大好きな彼・久我山柊聖(杉野遥亮)とのヒミツの同居生活を送っていた西森葵(上白石萌音)。お風呂あがりの彼から迫られたり、優しく抱きしめられたり…と誰もが羨む“甘くてドキドキな毎日”。この幸せがずっと続くと思っていたが、彼のいとこ・久我山玲苑(横浜流星)が押しかけてきてまさかの三人同居がスタート。柊聖・玲苑からの怒涛のアプローチ。壁ドン、ハグにまさかのキス…女の子のあこがれ・妄想がたっぷり詰まった予告映像となっている。また本作の主演を務める上白石萌音は恋愛映画初挑戦となる。

『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』
原作 :渡辺あゆ『L♡DK』(講談社「別冊フレンド」刊) 監督:川村泰祐 脚本:江頭美智留
出演:上白石萌音 杉野遥亮 横浜流星 町田啓太 ほか

コメント

エンタメ動画まとめアンテナ