彼氏彼女、熱愛破局、結婚離婚など有名人のゴシップニュースを動画でお届け

【ドラマ】<共謀罪成立なら刑事ドラマなくなるかも>刑事ドラマはなくなり、公安警察の尾行や挙動不審者を摘発するドラマがはやるか

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法
復縁男性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法
1 名前:Egg ★@\(^o^)/>:2017/05/19(金) 22:35:07.57 ID:CAP_USER9.net

★国会では野党が提出した法相不信任案が否決され、衆院では野党の手だてはなくなり、共謀罪法案は着々と成立に向けて進んでいる。

そんな中、テレビ関係者と軽い宴席を囲む機会があった。そこでも話題は共謀罪成立の可否に広がる。テレビ関係者が言う。「これからは日本の刑事ドラマがなくなるかもしれない」。彼の説明はこうだ。

「日本の刑事ドラマは交番のおまわりさんや、実際にはないが、刑事が容疑者にかつ丼を食べさせる温情シーンや、刑事が『真人間になれ』と容疑者を諭すシーンなど、市民と治安警察の信頼関係を基にドラマが作られる」。

 ★確かに事件は、監視カメラだけで解決することはない。警察官たちの地道な聞き込みや市民の通報、協力がないと、情報や証拠は集まらない。そして起訴、公判と続く。

捜査は、市民に親しまれる刑事警察という大きな命題の上に、仕事が成り立つ仕組みが確立されている。テレビ関係者が続ける。「ところが共謀罪が成立すると、刑事警察が作り上げてきた市民との信頼関係は、公安警察が幅を利かせ、共謀罪を運用することで、ものの見事に崩れる」と指摘する。

 ★公安警察は、刑事警察の陰に隠れて市民と交わらない、もうひとつの警察組織を形成してきた。今後も無論、表舞台に出ていくことはない。しかし、法務省が提出している共謀罪の初動を担うのは、全国の公安警察ということになる。

永年かけて作り上げた治安警察の市民との信頼は、共謀罪が一般の人という定義を作らないまま運用されれば、迷いなく一般人に襲い掛かる法律になる。

 ★テレビ関係者は「もう正義の味方である警察官、将来なりたい職業・警察官は、昔の話になるだろう。刑事ドラマはなくなり、公安警察の尾行や挙動不審者を摘発するドラマがはやるか。

そこには正義感がない。逆に冤罪(えんざい)と戦う弁護士の『冤罪ドラマ』がはやるかもしれない」。いやな世の中になるが、一番困るのは市民から距離を置かれる警察官だろう。

(K)※敬称略

2017年5月19日9時43分 紙面から
http://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/1825830.html

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1495200907

続きを読む
【ドラマ】<共謀罪成立なら刑事ドラマなくなるかも>刑事ドラマはなくなり、公安警察の尾行や挙動不審者を摘発するドラマがはやるか
Source: 芸スポニャース



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサードリンク
スポンサードリンク