彼氏彼女、熱愛破局、結婚離婚など有名人のゴシップニュースを動画でお届け

福原遥「まいんちゃんを超えたい」

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法
復縁男性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法
1: 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ 2017/05/19(金) 17:47:21.70 ID:CAP_USER9
 「アニメ研究部」今回のインタビューは2月からテレビ朝日系で放送されているプリキュアシリーズ最新作「キラキラ☆プリキュアアラモード」で「有栖川ひまり/キュアカスタード」を演じている福原遥さん(18)。女優としても活躍する彼女に声優としてキャラに込めた思いなどを語ってもらいました。

 福原といえば「まいんちゃん」という印象の人も多いと思う。2009年から4年間、NHK教育(現Eテレ)で放送された児童向け料理番組「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」でアニメパートの主人公・柊まいんの声を担当し、スタジオで料理をする実写パートにも柊まいんとして出演。「その時から声優にすごく興味があって、またやってみたいと思っていました。出演が決まった時はすごくうれしかったです」。

 プリキュアシリーズ第1弾「ふたりはプリキュア」の放送が始まったのは04年。当時5歳で、「大好きでずっと見ていました。オーディションを受けている時から感動していて、まさか自分がプリキュアになるなんてびっくりです」。声優としてこれまでに出演したのは「アイ!マイ!まいん」「なめこ~せかいのともだち~」など。いずれも児童向け番組だっただけに、出てみたいアニメ作品として胸に抱いていたのが「まさしくそれがプリキュアだったんです」。

 演じている有栖川ひまりは、スイーツが大好きでスイーツの事を話し出したら止まらないキャラ。その一方、それ以外では臆病で人付き合いが苦手な女の子。「最初はハキハキとしゃべっていたんですけど、ひまりちゃんの映像や写真をたくさんもらううちに“恥ずかしがりで緊張しやすい女の子なんだ”と思って、か細い声をかなり意識して出しています」。

 初出演時は10歳だった「アイ!マイ!まいん!」の頃とは、アフレコに臨む姿勢も違う。「あの頃はキャラの口にせりふを合わせることで精一杯でした。周りの声優さんを手本にするような余裕もなかった。今は役の魅力をどれだけ出せるかを考えて、演技にちょっと遊びを入れてみたり、他の声優さんの演技を見て研究しています」。仕事の合間を縫って、声優スクールにも通っているという。

>>2以降に続きます

[ 2017年5月19日 10:00 ]
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/19/kiji/20170519s00041000138000c.html
no title

続きを読む福原遥「まいんちゃんを超えたい」
Source: 芸能人の気になる噂 – 女優



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサードリンク
スポンサードリンク